December 26, 2003

CG Linux

Linuxブームは本物か?日本HPに聞く


宇佐美: やはり、GPLをしっかり理解すること。これに尽きます。オープンソースとは基本的に「ソフトウェアの倉庫」であり、それをダウンロードして自由に改善(加工)できる代わりに、加工したものは倉庫に戻して皆に使ってもらうという形態が確立されたものだと思うんですね。

「NTTの流れはLinuxに向いている」---OSDLに参加するNTTコムウェアの狙い

高可用性については、NTTコムウェアが長年培ってきた交換機のソフト開発やオペレーションの経験に基づくノウハウをもとにCGLの要求仕様策定に貢献できればと考えています。

NTTコムウェアが OSDL に参加

CGLはホットですね。でもモノリシックカーネルの宿命というか高可用性はコード管理の点で対処するしかない気もします。

Posted by K+G at 07:55 PM | Comments (0) | TrackBack

December 25, 2003

IPAも訳がわからん

経産省の要請により、VPN構築ソフト「SoftEther」配布停止

このソフトウェア、何が問題なんでしょう。…簡便さ。自由度。

あまりにもフロンティアが広すぎて危険な…しかし配布中止はだめだろ。

Posted by K+G at 10:05 PM | Comments (0) | TrackBack

December 24, 2003

December 22, 2003

OSDLも大変だろうな

Linux統一計画、早くも難局に--GnomeとKDEの対立で
>だが、UserLinuxのGUIにGnomeを採用するという決定は変わらない
インターフェイスという点ではKDEの方がルック&フィールの面で優れていると思うのですが、
>Gnomeを選んだ理由について、Perensは、UserLinuxにはプロプライエタリな要素を1つも入れたくないから
というわけでしかたがないというか。んー。なんかいいプランないですかね。ないですね。
個人的にはあとパッケージ管理を一体化させろといいたいです>Linux

ということでやはり知人の勧めに従ってFreeBSD+KDEにした方がいいだろうか。
いやいや…それでもLinuxが…しかし最近のLinuxはカーネル2.6採用のディストリビューションがほとんどないから困りものだし、TubroLinuxは独特すぎるし、

正直、入門用にはどれがいいのでしょうか?

Posted by K+G at 11:46 PM | Comments (0) | TrackBack