September 26, 2003

EMMAArchitecuture

NECエレクトロニクス、2つのハイビジョン画像とマルチメディアデータの同時処理ができるBS/CS/地上波デジタル放送向けハイビジョンテレビ用システムLSIを発売

多くのバックエンド処理をほとんどワンチップでこなすSoC。MPEG-2デコーダーがかなり強力。

Posted by K+G at 07:15 PM | Comments (0) | TrackBack

September 25, 2003

daメルコ2

メルコ、スループット性能とセキュリティを強化した実売5,980円のルータ

SPIがついてる…あとメルコってBLR3-TX4でPPPoE時90Mbpsでるとか書いてるんですな。
実測だとがんばって60Mbpsいくかどうかというのに。


ダイナミックパケットフィルタリング・アタックブロック
BLR3-TX4:公称→FTP92Mbps・PPPoE90Mbps
WHR-G54:公称→FTP90Mbps
WHR2-G54:公称→FTP96.5Mbps・PPPoE94.1Mbps

SPI・アタックブロック
BBR-4HG:公称→FTP96.5Mbps・PPPoE92Mbps

SPI
BBR-4MG:公称→FTP78Mbps・PPPoE66Mbps

BLR3-TX4とWHR-G54のPPPoE実測が50-60Mbpsだったかな。

Posted by K+G at 08:44 PM | Comments (0) | TrackBack

September 24, 2003

PRO/8801導入記

PC-View、[コラム]10Gigabit Ethernetの導入[後編]
とてもおもしろいです。
「show ip bgp regexp」コマンドがないというのはかなりビックリ。BGPオペレータでなくてもビックリです。
初期のソフトウェアはまだまだ練られてなかったんですね。

Posted by K+G at 09:44 PM | Comments (0) | TrackBack

RD-XS41正式発表

東芝、RD-XS41を発表
10/1発売に決定。

Posted by K+G at 07:37 PM | Comments (0) | TrackBack

September 22, 2003

Universal Hybrid Recorder


松下、DVD-RAMレコーダ内蔵21型テレビ「DVD 2-SHOT」

なぜハイブリッドじゃないんだと小一時間(略
それはともかく、ハイブリッドレコーダーというPC/家電のマージナルな領域の製品は今年後半にかけて一気に拡大すると見られるみたいですね。
各社から新製品が一気に投入されてますし、これからも発表されるようですし。
東芝がHDD&DVDレコーダーの未発表機「RD-XS41」を展示!
で、
RD-XS41MSP1000PSXときて、
こちらが要求してるのはNetwork上で管理できてスケーラビリティのあるライブラリなんですが、
それを満たすものが残念ながら存在しないという事実だけが残るわけです。
利用のしやすさから、記録フォーマットはMPEG-2(MP@ML)をメインとするのですが、
付加情報をセットにしてレコーダー、プレーヤー、PCの上で扱えるユニバーサルなメディア管理標準はMPEG-7を待たないといけないのでしょうか。

じゃあPCベースに…するとDRM問題から安定性まで問題になるので、やはりHybrid Recorderという形態であるのが良いのではないかと思いますが、
そこに載せる処理能力からいけば現在もっともまともなのが(MPEG-2の扱いを別チップでやるなら)PSXになるわけで。
で、そもそもどういったパーツを使うかというと今市場に出てるのは大抵自社のSoCの32bitコアあたりをメインにしたやつばっかりな訳で。
ウチにある東芝RD-X2は日立(ルネサス)のSH-2 DSPがメインで、ATAコントロールなどは自社のASIC(カスタムLSI)を載せています。
いま出回ってるX3なんかは高速化してSH-3 DSPらしいですね。

まあそれはともかく、そういう風に自社のリソースを使わないと作れない状況も今は変わってきてるわけです。
日本TI、DVDレコーダ向け新製品を発表 DVDデジタル・バックエンド・プロセッサ『TMS320DVD20』
日本TI、DVDレコーダ向け1チップバックエンドプロセッサ
や、
NECエレクトロニクス、デジタル放送の受信機能に対応するDVDレコーダ向けLSIを発売
といったバックエンドソリューションが市場に出回り始めているという現実が。
この上で走るソフトウェアを上手く練り込めば低価格ラインナップを作ることもできるし、
高価格ラインナップでこちらの要求にも応えられるはず、なんです。

でもHybrid Recorderで録って、PCで管理して、ハンドヘルドなPDAで見たいという、要求に応える製品は未だに出てこない。
なんでかと思うと、全部の市場で大きいシェアを持った会社が横断的に開発しないと、
そんな製品を作るのは到底無理だということに気づくのでした。
もちろん近い製品はでてきてます。PDAや携帯プレーヤーで見るためにMPEG-4でとれる機械は数多く出てきてます。
ハイブリッドレコーダーでも、松下、DMR-E100Hはそうですが、それをライブラリの管理の中に位置づけることができません。
ハイブリッドレコーダーでないなら、SONY、PEGA-VR100Kなんていうのもありますね。
でもやっぱり連携がとれない。
Ethernetから転送できるのはPCメーカー側からNEC、PK-AX10/AX20なんてのもありますが、
ハイブリッドじゃないしBSチューナーも持ってないし。
家電側からは日立、MSP1000がでてますがいくらなんでも制約が多すぎます。
まさに帯に短したすきに長し。隔靴掻痒でもがいてます。
じゃあLinuxで開発されてるPVRパッケージを使おうかとおもっても、
最大の障害、BSアナログが。困ったなぁ…あとライブラリ管理もスケーラビリティからいえば、
SQLサーバをバックエンドに走らせてくれないと追いつかないくらいなんだよなぁ。

ついでに要求仕様でも考えてみましょう。
Main MPU:MIPS32/500MHz or MIPS64/300MHz以上 or x86-733MHz以上
Main Memory:128MB
Graphics Driver:Hardware 3D Engine/Hardware T&L Support(eDRAM 8MB)
Encorder:Full Realtime MPEG-2(MP@ML) x3,MPEG-4(QVGA/30fps) x1 encoding
Decorder:Full Realtime MPEG-2(MP@ML) x2(Hardware),MPEG-2 or MPEG-4 x1(Software).
Tuner:Land Analog TV x2,BS Analog x1.
Interface:IEEE1394a/b(MPEG-2 TS support) x2,Serial ATA/150 x2,Ultra ATA/100(ATA-5) x1,Fast Ethernet x1
既製品で構成すると部品点数が…やっぱりカスタムLSI作った方が良さそうですな。

Posted by K+G at 11:11 PM | Comments (1) | TrackBack