September 30, 2003

IP電話網

パワードコムなど電力系通信会社4社、IP電話サービスの相互接続を開始

OMP/K-opti.comが接続すればかなり大きくなれそうです。まだ小さいけど。

Posted by K+G at 10:49 PM | Comments (0) | TrackBack

September 29, 2003

TEPCO+Speednet

TEPCOひかり、東京都調布市でサービス提供を開始

スピードネットのエリアだった調布市にやっと広がりました。
…多摩市には再来年までに来てくれるかなぁ。

Posted by K+G at 07:23 PM | Comments (0) | TrackBack

September 26, 2003

EMMAArchitecuture

NECエレクトロニクス、2つのハイビジョン画像とマルチメディアデータの同時処理ができるBS/CS/地上波デジタル放送向けハイビジョンテレビ用システムLSIを発売

多くのバックエンド処理をほとんどワンチップでこなすSoC。MPEG-2デコーダーがかなり強力。

Posted by K+G at 07:15 PM | Comments (0) | TrackBack

September 25, 2003

daメルコ2

メルコ、スループット性能とセキュリティを強化した実売5,980円のルータ

SPIがついてる…あとメルコってBLR3-TX4でPPPoE時90Mbpsでるとか書いてるんですな。
実測だとがんばって60Mbpsいくかどうかというのに。


ダイナミックパケットフィルタリング・アタックブロック
BLR3-TX4:公称→FTP92Mbps・PPPoE90Mbps
WHR-G54:公称→FTP90Mbps
WHR2-G54:公称→FTP96.5Mbps・PPPoE94.1Mbps

SPI・アタックブロック
BBR-4HG:公称→FTP96.5Mbps・PPPoE92Mbps

SPI
BBR-4MG:公称→FTP78Mbps・PPPoE66Mbps

BLR3-TX4とWHR-G54のPPPoE実測が50-60Mbpsだったかな。

Posted by K+G at 08:44 PM | Comments (0) | TrackBack

September 24, 2003

PRO/8801導入記

PC-View、[コラム]10Gigabit Ethernetの導入[後編]
とてもおもしろいです。
「show ip bgp regexp」コマンドがないというのはかなりビックリ。BGPオペレータでなくてもビックリです。
初期のソフトウェアはまだまだ練られてなかったんですね。

Posted by K+G at 09:44 PM | Comments (0) | TrackBack

RD-XS41正式発表

東芝、RD-XS41を発表
10/1発売に決定。

Posted by K+G at 07:37 PM | Comments (0) | TrackBack

September 22, 2003

Universal Hybrid Recorder


松下、DVD-RAMレコーダ内蔵21型テレビ「DVD 2-SHOT」

なぜハイブリッドじゃないんだと小一時間(略
それはともかく、ハイブリッドレコーダーというPC/家電のマージナルな領域の製品は今年後半にかけて一気に拡大すると見られるみたいですね。
各社から新製品が一気に投入されてますし、これからも発表されるようですし。
東芝がHDD&DVDレコーダーの未発表機「RD-XS41」を展示!
で、
RD-XS41MSP1000PSXときて、
こちらが要求してるのはNetwork上で管理できてスケーラビリティのあるライブラリなんですが、
それを満たすものが残念ながら存在しないという事実だけが残るわけです。
利用のしやすさから、記録フォーマットはMPEG-2(MP@ML)をメインとするのですが、
付加情報をセットにしてレコーダー、プレーヤー、PCの上で扱えるユニバーサルなメディア管理標準はMPEG-7を待たないといけないのでしょうか。

じゃあPCベースに…するとDRM問題から安定性まで問題になるので、やはりHybrid Recorderという形態であるのが良いのではないかと思いますが、
そこに載せる処理能力からいけば現在もっともまともなのが(MPEG-2の扱いを別チップでやるなら)PSXになるわけで。
で、そもそもどういったパーツを使うかというと今市場に出てるのは大抵自社のSoCの32bitコアあたりをメインにしたやつばっかりな訳で。
ウチにある東芝RD-X2は日立(ルネサス)のSH-2 DSPがメインで、ATAコントロールなどは自社のASIC(カスタムLSI)を載せています。
いま出回ってるX3なんかは高速化してSH-3 DSPらしいですね。

まあそれはともかく、そういう風に自社のリソースを使わないと作れない状況も今は変わってきてるわけです。
日本TI、DVDレコーダ向け新製品を発表 DVDデジタル・バックエンド・プロセッサ『TMS320DVD20』
日本TI、DVDレコーダ向け1チップバックエンドプロセッサ
や、
NECエレクトロニクス、デジタル放送の受信機能に対応するDVDレコーダ向けLSIを発売
といったバックエンドソリューションが市場に出回り始めているという現実が。
この上で走るソフトウェアを上手く練り込めば低価格ラインナップを作ることもできるし、
高価格ラインナップでこちらの要求にも応えられるはず、なんです。

でもHybrid Recorderで録って、PCで管理して、ハンドヘルドなPDAで見たいという、要求に応える製品は未だに出てこない。
なんでかと思うと、全部の市場で大きいシェアを持った会社が横断的に開発しないと、
そんな製品を作るのは到底無理だということに気づくのでした。
もちろん近い製品はでてきてます。PDAや携帯プレーヤーで見るためにMPEG-4でとれる機械は数多く出てきてます。
ハイブリッドレコーダーでも、松下、DMR-E100Hはそうですが、それをライブラリの管理の中に位置づけることができません。
ハイブリッドレコーダーでないなら、SONY、PEGA-VR100Kなんていうのもありますね。
でもやっぱり連携がとれない。
Ethernetから転送できるのはPCメーカー側からNEC、PK-AX10/AX20なんてのもありますが、
ハイブリッドじゃないしBSチューナーも持ってないし。
家電側からは日立、MSP1000がでてますがいくらなんでも制約が多すぎます。
まさに帯に短したすきに長し。隔靴掻痒でもがいてます。
じゃあLinuxで開発されてるPVRパッケージを使おうかとおもっても、
最大の障害、BSアナログが。困ったなぁ…あとライブラリ管理もスケーラビリティからいえば、
SQLサーバをバックエンドに走らせてくれないと追いつかないくらいなんだよなぁ。

ついでに要求仕様でも考えてみましょう。
Main MPU:MIPS32/500MHz or MIPS64/300MHz以上 or x86-733MHz以上
Main Memory:128MB
Graphics Driver:Hardware 3D Engine/Hardware T&L Support(eDRAM 8MB)
Encorder:Full Realtime MPEG-2(MP@ML) x3,MPEG-4(QVGA/30fps) x1 encoding
Decorder:Full Realtime MPEG-2(MP@ML) x2(Hardware),MPEG-2 or MPEG-4 x1(Software).
Tuner:Land Analog TV x2,BS Analog x1.
Interface:IEEE1394a/b(MPEG-2 TS support) x2,Serial ATA/150 x2,Ultra ATA/100(ATA-5) x1,Fast Ethernet x1
既製品で構成すると部品点数が…やっぱりカスタムLSI作った方が良さそうですな。

Posted by K+G at 11:11 PM | Comments (1) | TrackBack

September 19, 2003

エンジニアリング・イン・エンジニアリング

次世代XScaleプロセッサ「Bulverde」正式発表

Handheld Engineに似ていくのはほんとにおもしろいですね。
アプローチの違いがInstructionからみてるか、Application(一連の流れ)からみてるか違っても、
目指すところが似ているのは。

Posted by K+G at 09:33 PM | Comments (0) | TrackBack

September 18, 2003

daメルコ

メルコ、横置き可能な新ボディの11g対応無線LANルータ

実効速度が半分の汚名を返上できるか!?
というかいま11gを導入しようかと思ってるので、気になります。
Super A/Gを待ってAtherosの製品にするかどうか。
まあAtherosといえば4th Generationのreceive sensitivities of up to -105dBm(Atheros-eXtended Range (XR) technology)なAR5004が気になりますが。
-105dBmって…
しかし市場に出回るのはまだでしょうから、うーん、NECのWR7600H買う方が良いのかなぁ。

ところでメルコフレームバーストって、搭載してるチップセットからしてBroadcomXpressのことですよね?
なんで独自機能とうたってるのでしょうか。Xpressなら802.11eのWME(Wireless Multimedia Enhancements)ベースなんですから、
独自性を打ち出すより互換性を打ち出した方が、旧Intersil(現GlobespanVirata)のPRISM Nitroにくらべての差別化を図れるような。
PRISM Nitroコレガジェットモードとして売り出してますね。
TIなんかはWMEが決まるまで様子見みたいですが。
Atherosは冒頭に書いたようにSuper G and Super A/G。WMEのフレームバーストとハードウェア圧縮を組み合わせたやつですね。

そういえば民生用で、デュアルバンド・トリプルモード対応のカードでAtherosじゃない製品って、メルコのWLI-CB-AG54(Broadcom BCM4309かとおもわれる)だけですかね。

Posted by K+G at 11:36 PM | Comments (0) | TrackBack

September 17, 2003

SIPに移行できてないのに?

BBフォンが他社IP電話と相互接続を行なう方針

もし今やるんだったらプロトコル変換可能なボーダーSGWは安定性がダメダメなので、
固定網経由になるのでは。
だったらあんまりなぁ。
どうするんでしょう。KDDIのはN社でしたよね。!BBはO社だったような。

Posted by K+G at 10:18 PM | Comments (0) | TrackBack

September 16, 2003

targetはマンション

スカパーと有線ブロード、光ファイバー利用の映像配信事業で事業提携

先日NTTのファイバーの波長貸しを利用した再販でつなぐネットコミュニケーションズと提携したばかりのスカイパーフェクトですが、
今回はUSEN。どちらも集合住宅を主眼に。難聴対策とセットで導入ということですかね。
おなじく今年度中の開始を目標にしているKDDIも最初は集合住宅、コストが下がってから戸建てに供給するつもりのようですし。

Posted by K+G at 09:15 PM | Comments (0) | TrackBack

September 12, 2003

HDD内蔵プレイヤー

Rio Japan、1.5GB HDD内蔵プレーヤー「Rio Nitrus」
クリエイティブ、1.5GB HDD搭載のオーディオプレーヤー

いいなぁ、値段もそれほどでないし。サイズも小さいし。
でもやっぱりHDDは衝撃に弱いのではないかとびくびくしてしまうのは自分が古い人間だからでしょうか。

Posted by K+G at 03:03 PM | Comments (0) | TrackBack

September 11, 2003

New Age Video Compression

LSI Logic、ITU-T承認のH.264プラットフォームを開発
MPEG-4 Part-10がいよいよ実用にむかって進み始めました。

圧縮ラグの関係でそのままではリアルタイム通信には使えませんが、
ストリーミングなどにはいまのMPEG-4では得られない高画質を得られるものですから、
MPEG4 HDとしても使われる可能性が。(HD DVDなど)

まあなんにしろハードウェアコーディングLSIが出てくるのを待たなくてはいけませんが。

Posted by K+G at 04:02 PM | Comments (0) | TrackBack

September 10, 2003

September 09, 2003

秋バイオ

「バイオノートTR」PCG-TR2/B・TR2E・TR2/P

TRが予想通り11a/b/g対応になりました。よかったよかった。
しかしAtherosのSuperA/Gには対応するのでしょうか。それがちょっと気になる。

Posted by K+G at 09:52 PM | Comments (0) | TrackBack

September 08, 2003

802.11b展開

Broadcom、サイズを87%縮小した切手大802.11bモジュール
フィリップス、携帯型デバイスに最適な低消費電力無線LANソリューションを発表

DSSSだからOFDMよりRFまでワンチップにしやすいのかな。

やはりPDAへの展開をまず考えますね。Wi-Fiである必要があるのはデータ通信をPCのフォーマットで行う必要があるものですから。
(おなじ2.4GHz ISMでもたとえばデジタルコードレスはWi-Fiじゃないですよね)

そして次はなんだろう。リモコンはBluetoothかZigBeeの方が有利だし、
(というかZigBeeの方がプロトコルスタックが小さいですか)
携帯ゲーム機かな。あとはPCの周辺機器群でしょうか。

Posted by K+G at 07:36 PM | Comments (0) | TrackBack

September 05, 2003

IP電話網の相互接続

IP電話の相互接続 〜やはり「ISP間は有料」が落としどころ?

やっぱりそうなんですかね。仕様の違いを吸収できないのかな。

IP網同士での直接接続も輻輳制御とかいろいろ問題がありますからねぇ。

Posted by K+G at 11:55 PM | Comments (0) | TrackBack

September 04, 2003

2nd Generation 10GbE.

BBT、世界最大規模のトラフィック発信需要に対応し10Gbps対応のサービス開始
JPIX10GポートIXサービス提供開始(pdf)

10GbEも2nd Generationになって中堅以上のISPで採用できるくらいに下がってきたんですかね。

BBTは公開された図を見るとJPIXに10GbEで2本目をつないでるように見えるのですが。

10GbEもCatalystでカバーできるようになってきて、
上はファウンドリーの第4世代ASICつんだBigIron MG8とかだとカード当たり40Gbpsに対応できるようになって、
OC-192は採用できなかったISPも採用できるくらいの費用対効果が得られるようになってきたみたいですが、
ここら辺でISPのコアも再設計した方がいいんではないかと。
しかしそんなキャッシュフローを抱えてるISPはそんなに無いだろうなぁ。
どうなんだろう、誰か教えてください。

Posted by K+G at 01:44 PM | Comments (0) | TrackBack

September 03, 2003

QoS? CoS? ToS? Bandwidth?

インターネットの父 対 QoS不要論

要約すれば両方いるのではないかということになります。
エッジ、ネックとなっているノードに限定されたQoSは「必要」なものでしょうし、
帯域はいくらあっても足りません。

TEとしてのQoSコントロールは閉域網ではSLAのために必要なのでは?

なぜかって、例えばG.711+SIP・RTP・RTSPでIP電話を使ってみた時、アクセスラインの遅延にさらに足せる遅延はわずかです。ADSLだったりすると。そのとき、nyのようなものを動かしておくとTAのQoS制御にもよりますが音声パケットの送信間隔がまにあわず、固定電話並みの品質を確保できません。
もちろん携帯程度の音質でレイテンシが大きくてもいいなら話は別ですが。

というか小さいパケットを速く(Wire-Speedで)処理することができるようにするには、コストがかかりますし、実際Procketのようなアプローチが必要になるでしょう。
いや、最近のルータ・L3スイッチでは問題ないですね。
たとえば第2世代の10GbE収容可能な製品なんかはみんなハードウェアでMPLSもQoSも制御できるから…

実際にどうなるかというのはコストが決めることですが(純粋IP至上主義者が何を言おうとMPLSが有効なのと同じく)、広帯域をさばくためのルーティングアーキテクチャには、TEは容易に組み込める場合がほとんどなのを考えると、
データトランジットの確実性をあげて(広帯域回線でも)使用効率を上げるためには、
トラフィックが集中するネックとその周辺ではQoSが必要となるのではないかと。
(コストエフェクティブなためにQoSをつかうという解)
また、アプリケーション単位でのエッジより内側でのQoSというのも確実に行われるのではないかと(前述したように)。


で、結局インターネットの「一部」という環境に於いてエッジより内側やISPのコアでのQoS制御は行われてますし、行わないといけないでしょう。
それが(管理者にとっての)閉域網である限り、TEとしてのQoS制御は土管を太くすると「同時に」行わないといけないものだと思います。

※gk.cafenet.jpのほうに書いたのを修正したものです。

Posted by K+G at 11:08 PM | Comments (0) | TrackBack