« 2004年08月 | メイン | 2004年10月 »

2004年09月30日

Spaceship One First First

スペースシップワン、最初のフライトに成功
きたー。

投稿者 K+G : 23:43 | コメント (0) | トラックバック

Linux to Windows

Linux PCの約40%にWindowsの違法コピー
まあそうでしょうなぁ。TurboLinuxだったらまた別なんだろうけど。

投稿者 K+G : 22:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月29日

BlueGene/L

IBMのスパコン、世界最速記録を更新--NECの地球シミュレータを上回る
まあLinkPackですし。BlueGeneのアーキテクチャは確かに今までとはかなり違う思想でデザインされていますが、アーキテクチャ的な向き不向きはどうしても出るもので、プロテオーム探索のように並列性を極端に上げて相互通信が少なく(マトリックスを分割できる)して処理できるアプリにはとても向いているアプローチではありますが、フリーメッシュ法などの相互通信とセルあたりの処理能力を要求するアプリには不向きです。もちろんBlueGene/Lは分子生物的なアプリのために最適化されたシステムですからそれで良いのですが。それに色々工夫はされています。帯域は6Port(3Dトーラス)で合計数GB/sしか有りませんが、一つのASIC内でのキャッシュコヒーレンシの高速化やノード間の通信のレスポンス自体は早くできるようになっているなど、通常のアプリに対してもある程度の性能を出せるようになっているみたいですね。ところでLinkPackでこれぐらい出るのはLinkPackがノード間通信がボトルネックになりにくい(通信量が少ない)ベンチマークだからというのが大きいかと。

投稿者 K+G : 23:27 | コメント (0) | トラックバック

Topspin and Dell

デル、クラスタの新製品発表--トップスピンのInfiniBand技術を利用
いきなりハイエンドを狙いはじめましたね…

投稿者 K+G : 23:25 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月28日

ATOK and ICHITARO for Linux

ジャストシステム、Linux用の一太郎とATOKを発表
個人的には嬉しいのですが、んー、なんて言えばいいのか、ほんとにデスクトップとして、クライアントとしてLinuxっていいと思いますか?
個人的には構造上Terminalを引きずった所などは本質的にホーム向けOSとしては向いていないのではないのかと思うのですが。

まあ仕事用に大量導入するときは良いか。とりあえずATOKは確保しなくては。一太郎は…そもそもまともな印刷環境がCUPSをもってしてもまだ整備できないLinuxには期待があまり無いのですが。

投稿者 K+G : 23:21 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月27日

XP InternetExplorer . . .

マイクロソフト:「安全なIEは、XPへの有料アップグレードで」
個人的にはSP2の大部分と共通のセキュリティ改良はWindows2000にもサービスパックとして提供すべきだと思います。
法人顧客が多いことや、RPCサービスなどの弱点を抱える(代わりに割合モダンな)OSなのですから。
IEの改良も大部分はバックポート出来るはずですし。Firewallはどっちでもいいですが。カーネルの焼き直し、DEPの搭載はやるべきではないかと。

Windows Me?いやそんなのはどうでもいいんですが。

投稿者 K+G : 23:17 | コメント (0) | トラックバック

Hotmail WebDAV Connection

マイクロソフト、Hotmailの転送サービスを有料会員に限定
やっとですか。
既存会員のもシャットアウトして欲しいのですが。もしくは認証強化を行った上でローカルホストを付加するなどして(転送内容を拡張)対策を取ったバージョンに入れ替えて、OEを全バージョンアップするか。

投稿者 K+G : 16:15 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月24日

HD DVD Chipset

NECエレクトロニクス、次世代DVD方式「HD DVD」を実現するシステムLSIの開発に業界で初めて成功
NECエレクトロニクス、HD DVDを実現するシステムLSIの開発に成功
ということなのですが。
現在NECのチップセットを採用しているのは主にNECとパイオニアですが、場合によっては東芝サムソンストレージも加わるかと。
しかしパイオニアはBlu-ray陣営のためこのチップセットを採用することはないと思われるわけで。
結局どこの使うことになったんだろうか。パイオニアは。今は独自試作品とかルネサスのドライバとか使ってるみたいですが。

で、コントロールLSIの大御所、三洋電機は…完成品としてはHD DVDのようですが、パーツとセミコンの方は両対応という噂なので、両方出してくるのかな?

投稿者 K+G : 22:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月22日

Why Select

ネットワーク機器市場に参入したサンに厳しい前途の予測
というか最初から?の連続だったりするのですがこの話。

投稿者 K+G : 22:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月21日

PS Next

SCE、次世代プレイステーションにBlu-ray Diskを採用へ
ということでBDドライブの大量生産が決まったわけで。読み込み型だけど。
パイオニアもPC用ドライブを開発していますがかなり完成度が高いらしいとか。

というかコスト自体は実はあんまり変わらないという話でした。なら容量大きい方が良いじゃないかと思うのですが。というよりHD DVDの容量が小さすぎるように感じると言うことなのですけど。

投稿者 K+G : 23:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月17日

恐竜案件

ITアウトソーシング、超大型案件は絶滅の道をたどるのか
まあ絶滅はしないと思うけど減るんじゃないかと。
契約自体もモジュラー化してますね。

投稿者 K+G : 23:01 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月16日

IBM plus Opteron

日本IBM、Opteron搭載ラックマウントサーバe326を10月に出荷
内部設計を改良して発熱量の増大に対処するなどして、デュアルコアOpteronにも正式対応とのこと。
しかしいつになったらServerWorksのOpteron用チップセットは出てくるんでしょうか。

投稿者 K+G : 22:57 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月15日

IP固定電話

ということで正式に発表。…名前変わってないな…

KDDI、IP固定電話サービスを2005年2月より提供
KDDIメタルプラス。

光プラス用に構築しているQoSコントロールと多重化を施した新バックボーンを拡張して利用することでGC局からの接続をIP接続に一本化。局ごとに集約装置を置いてコストを抑えると。

やっぱりISDN対応機能は省略されました。がくり。

投稿者 K+G : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月14日

SED in FED

FEDの一種でもあるSEDがとうとう正式に量産計画に乗りました。

「究極の薄型ディスプレイ」:キヤノンと東芝、新型ディスプレイ「SED」を公開

トンネル効果による電子放出を利用した技術だったと記憶してますが、電圧のかけ方と蛍光体の材質改良で輝度は上げられるはず。Full HDには期待です。

投稿者 K+G : 23:49 | コメント (3) | トラックバック

2004年09月13日

sun sparc

サン、UltraSparcのロードマップを説明--マルチコアによる性能向上に期待

結局”Olyumpus”になったんですね。

投稿者 K+G : 22:48 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月10日

Upgrade to Service Network.

IDFでPlanetLabについて講演を行ったそうで。
インテルCTO:「インターネットはアップグレードが必要」
Overlay-Networkとしてのサービスレイヤ、分散コンピューティングホストシステム、自律生成型ノード、PlanetLabは基本的に既存のInternetにたいしてサービスレベルのファンクションとインテリジェンスを持たしたオーバーレイネットワークレイヤをかぶせる事によって可能性と信頼性を改善してしまうものとも言えますが、プロトコルに手を加えないでトランスペアレントな環境としてテストベッドになるのなら全体を覆うものとなりますけれど、やはり改変を加えるなら、逆に既存のInternetを構成するNetworkにたいしてラベルスイッチを付加するMPLS→λPLS→GMPLSや閉域内でのFlowBase QoS/BandWidth Control、そしてそれ同士のデータをExchangeすることで網にまたがったControlの実現という方面にも目を向けた方が、センシティブネットワークとしてのInternetには重要じゃないかと。なぜなら、センサーはOverlay-Networkに載るほどリッチなコアを持ってる訳じゃないのです。元々L2プロトコルにIPをOverlayすることで成り立っているわけですが、L2の部分がコアから固定端末までEthernetに集約されてきた今、相互運用性を低レイヤで処理するという解を意識的に無視して高レイヤのみに集中するのは、インテリジェンスの使い方を誤りかねない事じゃないでしょうか。

投稿者 K+G : 23:15 | コメント (2) | トラックバック

2004年09月09日

UWB is here.

UWB標準策定、長期化の様相--IEEE会合を来週開催へ
マルチバンド帯シングルバンドだけじゃないのが困ったところとしか言いようが。結局MBOA系のWirelessUSBが最初にコンシューマソリューションとして先行普及してしまうんじゃないかと少し危惧を抱いているのですが。もともと現在の仕様では超短距離通信で広帯域という、実はあまりアプリケーションが豊富でない領域にしか応用が利かないものですし。

投稿者 K+G : 23:10 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月08日

Dual ->Multi

「未来はデュアルコアにある」--インテル社長、IDFの基調講演で
同時に複数OS動かせば良いんですよ。いやまあいろいろ有るんですが。L2キャッシュが非共有なIA-32マルチコアって言うのは小さいSMPであって、プリフェッチが強化されたDDR3やシリアルパケットなFB-DIMMならばメモリへのリクエストを交互に出してもそれなりに性能はスケーリングしますし。いや巨大L2を共有した方が相関の強いキューを並列処理するには良いのかもしれませんけど。するとCPUとしての振る舞いの特性がずいぶん変わってしまいますしね。EPICアーキテクチャにはいいかも。Power系なんかはそうしてますが。

投稿者 K+G : 22:09 | コメント (3) | トラックバック

2004年09月07日

BlueGene/L

産業技術総合研究所、IBM のBlue Gene/Lスパコンを購入
aistの臨海副都心サイトにつくってる新棟に導入されるそうで。タンパク質解析のところだけど、これ分子構造法?だったらMD Grape-3か。

投稿者 K+G : 23:05 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月06日

ソフトバンクの携帯電話参入。ただし800MHz帯。

なんとも言い難い問題です。問題を整理して意見を構成しなければとは思いますが、する気も起きないというか…
正直、ソフトバンクが携帯電話事業に参入する事による潜在顧客に対するメリットは、日本テレコムユーザに限定されると考えますし。
そもそも通信事業者としては問題の多々ある方法をとった今回の手法は、たとえ目的が「公共の福祉の視点で」正しかろうと「通信事業者としては」言葉を失うぐらい酷い手法であって、その時点で賛成など出来ません。

ああ、そうそう。結局の所レントシーキング的問題に落としてしまいましたね。技術的優位性を放棄した時点で。それでやる事は数の暴力というのだから恐れ入ります。二度と「公正な」などと言わないで欲しいぐらいです。

ソフトバンク孫社長、「800MHz帯を利用して携帯電話事業に参入する」

まあそのうち気が向いたら書くかもしれませんが。
総務省に対するFUD戦術とプライバシー問題を隠蔽した上でのパブリックコメント要請、きわめて不透明かつ不公正な比較に基づく意見広告など、弾劾したいレベルの問題を含んでいるということだけは明記しておきます。

※cdma2000 x1+800MHzであれば周波数利用効率が同一のサービスとなるので、同一サービスでの運営コストは劇的に低減する事は出来ません。韓国台湾中国あたりに発注すれば安くなると考えてらっしゃる方が多いようですが、たとえばBTS一台とってもcdma2000 x1対応チップセットはQualcommライセンシーの会社(訴訟をやってたTIなど)数社のものしか有りませんし(製造コスト低減はそのまま信頼性に直結しかねません)、また端末のまともなチップセットはせいぜい3社、しかも特許料の占める割合が高いためそれほど原価競争に入れていません。たとえソフトバンクといえどもライセンス価格を無理矢理下げる事は不可能です。バックボーンコストはたとえばドコモですらパケット網のIP化を進めていますし(Rel.05準拠になればVoiceもIP化です)、auも随時IP化を進めている現状では安くならないでしょう。「ソフトバンクだから」安くなるというのはどの部分のコストを低減する事によって安くなるのか明示して欲しい者です。方式がCDMA TDD(TD-CDMA)であったりMCSB(TD-SCDMA(MC))であったりなら分かりますが。繰り返しになりますが、周波数利用効率もネットワークコストも端末コストも劇的な差をつけられる場所がないようにしか見えないのにもかかわらず「安くなる」ばかり連呼してもただの広告どまりです。

投稿者 K+G : 22:18 | コメント (0) | トラックバック

For 360 degree system

IBM S/360開発の先駆者が死去
アムダールと並んで汎用コンピュータの誕生を支えた方の死。

投稿者 K+G : 21:01 | コメント (2) | トラックバック

2004年09月03日

model archi

「ネット上に鉄道会社のビジネスモデルを構築する」--gumonji開発者に聞く

投稿者 K+G : 22:16 | コメント (3) | トラックバック

2004年09月02日

blade engine

IBMとインテル、ブレードサーバの設計仕様を「オープン」に--他社は猛反発
むう。

投稿者 K+G : 21:15 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月01日

laser mouse

米ロジテック、レーザー式マウス発表へ--感度が従来の20倍
欲しい。

投稿者 K+G : 22:13 | コメント (1) | トラックバック

直加入電話サービス(ただし新電電)

「NTTの基本料は不要」--ソフトバンクグループ、独自通信網を使った固定電話事業を開始

CHOKKAは?(笑
まあ信頼性という点ではずいぶん違いますが、その信頼性(信頼・信用ではなくてネットワークの)を日本テレコムを買う事で間接的に買ったようなものですか。
「しかし寸断も許されない法人向けには、より安定的なサービスが必要だ」という理由でTDM回線交換ネットワークを選択したとなってますが、うーん。正直言って今の構成技術からすればIPベースでもソフトスイッチの作り込みで十分まかなえると思いますが。IPネットワーク自体はSoftbankBBの保有するネットワークが唯一ではない、というかIP over WDMでもロバストなネットワークは作れる時代ですし。単純にSONET/SDHを低レイヤに採用して信頼性を稼いで末端は異経路多重化でもダウンタイムは低く抑えられるでしょう。というかFUSION…(VoIPバックボーン運用経験はSoftbankBBより…)
回線交換なのは今ある回線交換ネットワークが償却完了済みなのでそれの有効利用なんじゃ?とか思ったり。
ちなみに110の方の接続はそこまで工夫は要りませんし、119はつなげるだけ繋ぐという力業で押し切れます。別に「独自技術」が必要な訳じゃないです。法人向けなのが伺えるのはISDNサービスを提供する事ですが。これはCPE迄IP化すると少々難しい(物理規格としてはADSLのドイツ向けなどには有りますが)ので、その点では回線交換網採用なのは正しいのかもしれないですね。
…でもK社は固定IP電話をやる気いっぱいみたいですが…?

投稿者 K+G : 07:55 | コメント (2) | トラックバック