« SIPに移行できてないのに? | メイン | エンジニアリング・イン・エンジニアリング »

2003年09月18日

daメルコ

メルコ、横置き可能な新ボディの11g対応無線LANルータ

実効速度が半分の汚名を返上できるか!?
というかいま11gを導入しようかと思ってるので、気になります。
Super A/Gを待ってAtherosの製品にするかどうか。
まあAtherosといえば4th Generationのreceive sensitivities of up to -105dBm(Atheros-eXtended Range (XR) technology)なAR5004が気になりますが。
-105dBmって…
しかし市場に出回るのはまだでしょうから、うーん、NECのWR7600H買う方が良いのかなぁ。

ところでメルコフレームバーストって、搭載してるチップセットからしてBroadcomXpressのことですよね?
なんで独自機能とうたってるのでしょうか。Xpressなら802.11eのWME(Wireless Multimedia Enhancements)ベースなんですから、
独自性を打ち出すより互換性を打ち出した方が、旧Intersil(現GlobespanVirata)のPRISM Nitroにくらべての差別化を図れるような。
PRISM Nitroコレガジェットモードとして売り出してますね。
TIなんかはWMEが決まるまで様子見みたいですが。
Atherosは冒頭に書いたようにSuper G and Super A/G。WMEのフレームバーストとハードウェア圧縮を組み合わせたやつですね。

そういえば民生用で、デュアルバンド・トリプルモード対応のカードでAtherosじゃない製品って、メルコのWLI-CB-AG54(Broadcom BCM4309かとおもわれる)だけですかね。

投稿者 K+G : 2003年09月18日 23:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.techgen.org/mt/mt-tb.cgi/11