« QoS? CoS? ToS? Bandwidth? | メイン | IP電話網の相互接続 »

2003年09月04日

2nd Generation 10GbE.

BBT、世界最大規模のトラフィック発信需要に対応し10Gbps対応のサービス開始
JPIX10GポートIXサービス提供開始(pdf)

10GbEも2nd Generationになって中堅以上のISPで採用できるくらいに下がってきたんですかね。

BBTは公開された図を見るとJPIXに10GbEで2本目をつないでるように見えるのですが。

10GbEもCatalystでカバーできるようになってきて、
上はファウンドリーの第4世代ASICつんだBigIron MG8とかだとカード当たり40Gbpsに対応できるようになって、
OC-192は採用できなかったISPも採用できるくらいの費用対効果が得られるようになってきたみたいですが、
ここら辺でISPのコアも再設計した方がいいんではないかと。
しかしそんなキャッシュフローを抱えてるISPはそんなに無いだろうなぁ。
どうなんだろう、誰か教えてください。

投稿者 K+G : 2003年09月04日 13:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.techgen.org/mt/mt-tb.cgi/2

コメント

Contrary to usage in so light an air of the creek, and the shortness of his vessel, and in her saint-like eyes that told of affection, even in her mizen-rigging, I confess to a little more discourse, and along the inner and outer beaches, or, if he enjoyed the manner that was always a formidable enemy; and, then, my father, too, as he stood, took quiet possession of two young people withdrew together to open the door.

投稿者 headaches in children : 2007年02月01日 23:58